日焼け止めで紫外線対策

白い肌を作るためには日焼け止めは欠かせません。
美しい肌でいるためには、美白の前に紫外線対策を行わなければなりません。
日焼け止めはベタベタするし、化粧下地と合わせて使う場合は厚手になって好きではない人が多いかと思います。
自分にあった日焼け止めを探して、UVケアをしていきましょう。
日焼け止めの成分はどんどん進化しているので、最近ではジェル状のものも販売されています。
肌にすっとなじむし、落としやすさも抜群です。
UV効果も高く、最新のアイテムを使用するのはお勧めです。
紫外線は肌を老けさせる大敵です。
特にムラが出やすい首筋やデコルテ、耳などは盲点となっています。
リンパを流すように日焼け止めを塗り、最後はすこし圧をかけるように塗るのが効果的です。
また、顔は1日1回塗るという人が多いようですが、メイク崩れしないように上手に塗り直して徹底的にケアしましょう。
日差しを浴びやすい唇の端や小鼻の脇など、顔の凹凸部分だけに塗れば十分です。
小指や薬指に日焼け止めを薄くのばしてから、メイクの上からトントン抑えるように優しく塗るのがコツです。
化粧崩れさせることもなくケアできます。
顔に日焼け止めを塗るとヒリヒリしたり、あまり馴染めない敏感肌の人もいます。
そんなときは、乳液を混ぜることによって肌への負担を軽減することができます。
肌が荒れるからといってUVケアを諦めるのは残念です。
こんな場合は、日焼け止めを塗るまえに乳液で肌のす分と脂分のバランスを整えてから塗ってみて下さい。
もしくは日焼け止めに乳液を混ぜてみます。
日焼け止め自体も敏感肌用のものをチョイスした方が良いです。
さらに服を着た部分には塗らなくてもいいように思うかもしれませんが、紫外線を通す危険があるので抜かりなく塗ることで完璧な美白の準備をしたいです。